琉球藍染工房 あおのじかん

 


 

琉球藍染工房 あおのじかん

 

2018 7月11日(水)〜14日(土)

 いつもと展示曜日が異なります。ご注意ください。

 

琉球藍と、日本の藍はまったく別々の植物で

つくる工程もまったく違うんですと、

作家の平敷さんは語る。

 

最後の出来上がりの状態は同じなんですけどね・・・

 

沖縄出身の平敷さんの若い感性でつくられる

藍染の洋服はデザインも素敵で

年齢層幅広いお客様に親しまれています。

 

 

 

 

 

 


コットンハウスアヤの夏服展 終了しました。


 

 

先日のコットンハウスの夏服展

無事終了いたしました。初夏ということもあり

白を中心とした刺繍のブラウスが多かったです。

 

気持ちのいい夏のズボンやスカートなども

アイテムも多くありました。

 

展示会の様子を うっかり保存にしており

アップしていなかったこと 大変失礼いたしました。

 

ライフアファの下着も とても好評で

オーガニックコットンの下着・着心地のよさ!他ではないと

2度目の来店のお客様たくさん来てくださいました。

 

わたしは、この下着は自分たちも5年以上使っていますが

お客様には まずはどうぞ使ってみてその後の判断をしてみてください!

使うとすぐにわかりますので!などとお伝えしております。

だからリピーターがとても多いのです。

 

企画展終わってからも

しばらくは芭蕉にも下着を置いていますのでぜひどうぞ。

 


 

 


 

 


 

コットンハウスの好評でした 

刺繍ブラウスは7月中は少しだけですが

まだ店内におかりしています。

 

 

 

 

 


つくも窯 十場天伸のうつわ

つくも窯 十場天伸のうつわ

2018  6/8(fri)-13(wed)

 

今日からはじまりました。

十場さん二年ぶりの展示会です。

 

素敵なうつわばかりです。

期間中のみの展示販売です。

ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



初夏のganga maki 色とりどりの布  makitextile studio

 

 初夏のganga maki 色とりどりの布

 

 makitextile studio

 

 2018  5/25(fri)~28(mon)

 

初日からmakiさんのファンのお客様が沢山いらしてくださいました。

慌ただしくすぎてしまった2日間ですが

すっかり更新がおそくなってしまいました。ごめんなさい。

 

何度みてもこの布には魔法が

かかっているのではないかと

想わせるような 

うっとりとするものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

↑ 上の写真はmakitextileの織の中に

実際に使われている シルクの一部です。

シルクにはいろいろな種類があり

使う糸によって

出来上がりの風合いもだいぶかわります。

 

このようなシルクの糸を混ぜて織ることにより

野性的であったり ぴかぴかと薄くしなやかに

綺麗な風合いだったり。さまざまな

織の顔ができてきます。

 

布好きにはたまりません。

 


 

 

 


 

 

ttikutiku

 

 


 

makiさんと旦那様 お二人

本に載っていましたので

ついついこちらも写してしまいました。

 

 

 


終わっちゃった企画展

いま気が付きました。汗 いわもとさんのサキオリかばん展の

写真をブログにあっぷしていないことを・・・・

 

あわただしく過ぎ去り

一週間も経ってからわたしの時空はもどる笑

かなりずれています 。

もうひとつ知らない自分に気が付きました。←今日かいっ!”

 

産地直送”という文字にとても弱いことを・・・

産地直送のカタログが今朝 バショウに届いていました。

見た瞬間 わ・た・し この言葉に弱いかも!そ そして すぐ注文 笑

 

40越えているのに いまだに不思議ちゃんです。

と、よく芭蕉を13年も続けてるね・・・など友人からたびたび聞く言葉です  汗笑

 

本題に戻りましょう。

いわもとさんの更新はインスタグラムでは更新していましたが

他ではしていなかったので

記録としてアップしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 


 

香川県から弘前にまで来てくださいました。

こんな遠いところまで ありがたかったです。

なんと私と同い年だったことにびつくり!

弘前の地酒を共に呑み おなじ世代の悩みなどを話し

食事をした時間がとても良い思い出となりました。

いわもとさん ありがとう。

 

そして少ない3日間の企画展でしたが 沢山のお客様に

サキオリかばんを持っていただいたことにも感謝いたします。

 

ありがとうございました!^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


KUNUGI  小川由起子さん 春ストール

春になると毎年 群馬県桐生市の

染め織作家 KUNUGIの小川由起子さんから

はるのお便りが届きます。

 

先日シルク 春ストールが届きました。

 

まるで天女の羽のような

ふわふわの繊維に

グラデーションの染めをかけています。巻き込んだ時に

色が2色でるのでとてもきれいなんです。

 

 

羽のようなストール

色鮮やかで 春がそこにやってきた!というはるいろです!

 

 

 

 

 

 


素敵服 春リネン 

土曜日からはじまった 素敵服 春リネン 

お天気もよく ほぼ桜の満開と重なり

ありがたいことに 初日から目が回るような忙しさで

すっかり更新が遅くなってしまいました。

 

春らしいこの時期にはちょうどぴったりな

企画展だったのかもしれませんね。

 

 

私も普段は花柄なんて着ないのに 季節に便乗して

今なら着れそう!といいながら店内でも着用していました。^^

 

 

 

バラや紫陽花シリーズは ベストやワンピース スカート・バック

などがありとても素敵でした。生地もしっかりの厚手なので

お客様も手にとり納得されている様子でした。

 

 

春の季節だから 各地のオープンガーデンへ

花柄の洋服でおでかけもいいのかもしれません・・・

 

花畑にいるような麻のニット

 

DMに載った洋服は大人気で

遠く離れた 大館や八戸からも

いらっしゃってくださいました。来年もぜひこの時期に

お願いしますーと好評の声をいただき

私たちも桜の満開の時期に重なり

一緒に楽しめました。

 

 

 

 

 

 


遊牧民の手仕事展 2018

 


 

 

遊牧民の手仕事展 2018  tribe collection tatuaki  sakaki

3月30日(金)〜4月3日(火)

 

榊さん在廊の織物展が今日からはじまりました。

見とれてしまうような細かな手仕事に

絨毯にそれほど興味のない方でも 

この織物の中から訴えてくるものがありますね!というほど。

 

 


 

 


 

 


 

 


 

新芽の枝を花器にいけてみました。春らしくていいですね、みどりがあると。

 


 

 


 

ムーシュアラブの刺繍はいつみても華やかで 彼らの色彩感覚の良さが

織物にはっきりとでています。すばらしい芸術です。

 


 

実際に生活の中で使われていた塩袋です、

サカキさんはこのような生活の道具を集めています。

 


 


 

 


 

 


 

見学だけでも大歓迎です!

ぜひお気軽にどうぞ。

 

 


| 1/2PAGES | >>

カテゴリー

年別

ブログ内検索

others